home チャーリーの  ひと駅ウォーキング 蒲田→大森→品川→
平塚←茅ヶ崎→辻堂 辻堂→藤沢→大船→戸塚 エキストラ 戸塚→東戸塚→横浜 新橋→東京 横浜→鶴見→川崎 川崎→蒲田 蒲田  蒲田→大森→品川  品川→新橋  東京/赤煉瓦駅舎
 私の”ひと駅ウォーキング”は、健康と気分転換;タウンウォッチングのために歩くものです。当面は、東京を目指しています

No. 13 出発駅名 到着駅名 駅間距離 当日の歩数 当日の歩行距離 歩行年月日
JR 東海道本線 蒲 田 蒲 田 0 km 11,763 *.* km 2012年8月22日(水)

  洗面器にすくった黒湯

  東京へ向かってのひと駅ウォーキングは、JR蒲田駅で足踏みしています。なにしろ、カンカン照りゆえ外を歩くことはままなりません。今回、東京 有楽町へ来たついでに、前回やり過ごしてしまった蒲田の黒湯温泉に入ってきました。JR蒲田駅南口1の前にある”ホテル末広”は、昔ながらのビジネスホテルといった感じのところでした。入浴料90分¥1,050。

  お湯は真っ黒、というか漆黒。上の写真のように、洗面器で少しすくってみても底も見えないほどの真っ黒。匂ってみると無臭。さらさらしているが、肌を湯の中につけると肌はぬるぬるというかつるつるしている。湯から上がるとぬるぬるはしていない。アルカリ性で、この肌がつるつるになることから、”美人の湯”ともよばれている。

  この湯は、火山性の温泉とは異なり、古生代に埋もれた草や木の葉の成分が地下水に溶け込むことによってできたとのことです(出典:ホテル末広ホームページ)。。。湯から上がっても、ポカポカという感じでした。なんか、効いてきた!ような感じです。

  午後1:00頃だったせいもあってか、入浴しているのは、小生以外に常時1人か2人のみ。そのうちの若い人に聞くと、大田区は温泉が多く(Wikipediaによると2012年度21軒)、銭湯でも黒湯があるとのことでした。この人は、越中褌をして上がって行きました。

  今日はウォーキングはしないのに、11,763歩も歩いていました。次回は、蒲田から大森、品川方面を目指します。



←蒲田→大森→品川