チャーリーの茅ヶ崎写真館

鎌倉宮(大塔宮) 獅子頭(シシガシラ)
ところ: 鎌倉市二階堂    地図
鎌倉宮は、1869年(明治2年)、明治天皇によって後醍醐天皇の皇子大塔宮護良親王(だいとうのみや もりながしんのう)を祭神として創建された。護良親王が戦の時、兜の中に獅子頭のお守りを入れていたといわれている。拝殿前には、巨大な獅子頭が祭られている。
 
   
   

拝殿に祭られていた巨大な獅子頭(シシガシラ)。写真に撮りたいところだが、撮影禁止だったのでやむなく手書きとした 
 
 
 
鳥居あたりから鎌倉宮を望む   
    JR鎌倉駅東口: 小町通りが目の前にあり、通り抜けると鶴岡八幡宮につながっている。さらに金沢街道を行くと、鎌倉宮に出てくる