チャーリーの湘南写真館
横須賀 浦賀へ↑

横須賀 観音埼灯台 ー 浦賀水道を照らす日本初の洋式灯台
ところ: 神奈川県横須賀市鴨居町 地図
観音埼灯台は、三浦半島と房総半島で挟まれた浦賀水道を照らす。1866年、アメリカ、イギリス、フランス、オランダと交わした「改税条約(江戸条約)」に基づき建設。初代の灯台は、レンガ造りでフランス人レオンス・ヴェルニーが設計した(JR横須賀駅前の海岸にヴェルニー公園がある)。1869年に点灯開始。現在は3代目
2010/6/3 4:50pm
定間隔でひっきりなしに行きかう大型船
ヨットや小型船も混じって、こんな狭いところだが、整然と航行している
コンテナを満載した貨物船。嵐に出くわすこともあろうのに、こぼれることはないのかな
隣にある東京湾海上交通センター。海上の航行管制を行っている。

インターネットで客船、タンカー、フェリー、コンテナ船など大型船入港情報を公開している
この狭い路地を抜けると灯台にでる 灯台の周りは、広大な観音崎公園。台場(砲台や火薬庫などの施設)の跡や再現品がある。江戸幕府が海防のため藩に造らせた。1812年築造
この日の歩数16,337(10.8km)。ルート:JR久里浜−浦賀 西叶神社−(渡し舟)−東叶神社−観音埼灯台−(バス)−JR横須賀
←横須賀 浦賀へ
参考: フリー百科事典『ウィキペディア(観音埼灯台) 』