チャーリーの湘南近辺写真館

旧伊藤博文金沢別邸
ところ: 神奈川県横浜市金沢区野島町  地 図 Photo: 2013/3/23
故伊藤博文(1841〜1909)は、長州藩士、後に明治時代の政治家。大日本帝国の国内体制を築き、基盤を作ることに貢献した。明治期にさまざまな改革が成し遂げられたが、大日本帝国憲法の起草に中心的役割を果たした。また、初代内閣総理大臣になった。

金沢別邸は、小さな島にあって、明治31年(1898年)に建てられた。↑地図の野島公園を参照。屋根は茅萱寄棟の田舎風海浜別荘建築である。ここは、伊藤博文の出身地(現山口県光市)に似ているので、この地に建てたといわれている。
 関連ページ;旧伊藤博文邸は大磯にもある←ここをクリック
   
中央は、客間棟。晴嵐の間および帰帆の間。
 
帰帆の間からの眺め。前方にみえる島は、八景島(シーパラダイスがある)。 注文すれば抹茶を出してもらえる  
 
 左:居間棟、右:客間棟  

 
 桜の木が2本。まだ3月23日(2013年)なのに満開であった  
 
 入口。玄関が見えている  台所棟  
 
ヘッツイ(かまど)、立ち流し、座り流し、調理場  湯殿  
 
 夏島を望む。ここで明治憲法が練られた  
     
金沢別邸および野島公園は、この小さな島の中にある    
 
JR根岸線からシーサイドラインに乗り換えて野島公園駅下車  お昼は、駅前でかさごの煮付け定食を頼んだ  
野島公園は、上の地図の写真の通り四角いが人工の埋め立てなどはやってない自然の海岸線だそうだ。晴れた日には、富士山や丹沢の山並み、房総半島を望むことが出来る。この次は、海抜57mの野島山に上がって、360°のパノラマ写真を取ってみたいと思っている

参考: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia):伊藤博文
    リーフレット(公財)横浜市緑の協会旧伊藤博文金沢別邸