チャーリーの湘南写真館

鎌倉文学館 - バラまつり
ところ: 神奈川県鎌倉市長谷  地図 江ノ電由比ヶ浜駅から山側へ歩7分
鎌倉文学館は、もともと旧前田公爵が1936年(昭和11年)に建設した鎌倉別邸であった。鎌倉市が寄贈を受け、1985年に文学館として開館した。鎌倉ゆかりの文人の収集品が展示してある。5、6月にはバラまつりが開催される
2008.5.23.
ホームページでチェックして、薔薇の見ごろをみはらかって行きたい。後方は本館
バラ園全景。TVの撮影に出くわした
薔薇には、プリンセスドゥモナコといった名前が表示してある。これは何だったっけ
本館には、大佛次郎、川端康成、夏目漱石、芥川龍之介、与謝野晶子らの収集品が展示してある。由比ヶ浜を望むこの庭園で弁当を広げてもよいことになっている
鎌倉文学館入り口付近。落ち着いたたたずまいだ
出口も落ち着いた雰囲気だ。アジサイが咲けばもっといいだろう
写真右: 帰途、見上げると飛行船が音もなく浮かんでいる。全長75mで、70mのジャンボジェットより大きい。胴回りも約2倍あるそうだが、飛行船の底についている船室の定員は、乗客を入れてたったの12人。これで周遊するのはちょっと贅沢だ。ヘリウムガスを充填して垂直に上昇するので、滑走路はいらない。カメラを向けていると、アッと思う間に行ってしまった。乗船方法やフライトスケジュールの載ったHPは、日本飛行船 [検索]で出てくる