チャーリーの湘南近辺写真館

鎌倉大仏殿 高徳院
ところ: 神奈川県鎌倉市長谷  地 図 Photo: 2016/5/25
鎌倉大仏殿は、銅で作られた阿弥陀如来像で国宝。開基も開山も不詳である。Wikipedaによると、「吾妻鏡」には、暦仁元年(1238年)、現在の所在地”深沢”にて僧・浄光の勧進によって「大仏堂」の建立が始められ、5年後の寛元元年(1243年)に開眼供養が行われたという記述があるそうだ。正式名称は、大異山高徳院清浄泉寺
   
   
 山門には2体の仁王像が睨みをきかせていた  
     
   
   
 顔の表面に金箔の跡があることから、像造当初は、金箔が貼ってあったとみられている  
 
 
   
 海外をふくめて学校の生徒の遠足が多かった  
   
 生徒たちは、三々五々、数人のグループで、英語で外国人にインタビューしていた。たぶん、何処から来ましたか?程度の質問のようだった  
   
インタビューを受けた人も親切に受け答えを行い、随所に小さな国際交流が生まれていた   
   
インタビューが終わったら必ず記念撮影が行われていた   
   
 
 
 
   
 久しぶりに鎌倉まで足を延ばしたが、大仏殿は見ごたえがあった。773年(=2016年ー1243年)経ってもこれだけ魅力があるなんてすごい。

 また、これまで、鎌倉を散策するときは、江ノ電と徒歩の組み合わせであったが、今回は、路線バスでまわった。平日だったせいか、そんなに渋滞はしておらず楽であった。また、鎌倉に来てみたい
   
参考: フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)高徳院