チャーリーの茅ヶ崎写真館
         ↑ 茅ヶ崎漁港
湘南海岸砂防林/しおさいの森  
ところ: 茅ヶ崎市東海岸     地 図  
正月に箱根駅伝で湘南海岸沿いの国道134号線と、その両側の美しい松林を見かけるが、その維持には大変な努力が払われてきたようだ。つまり、10月から4月にかけての塩害を伴った南西の強風が吹いてくる。この飛砂(堆砂)のため、以前は、134号線が通行止めになることもあったそうだ。松林を守り、景観を守るために、この松林が保護されてきた。 2016/6
Photo 2016/1
砂防林は、植栽を始めてから約80年にもなるそうだ。言い換えると、90年前にはなんと茅ヶ崎の海岸には、こんな松は生えてなかったそうだ  
   
しおさいの森の中には、散策路が整備されている  
 
  しおさいの森には、クロマツ、スダジイ、モチノキ、タブノキなど15種以上の木が植えてある。強い南風が吹いて、木が傾いている。飛砂を抑制するため、コウボウムギ、ハマヒルガオ←Click here)や防砂冊が設けられている←Click here)。強風ネットもそうだ。♪砂まじりの茅ヶ崎♪  
 
   この砂防林は、国道134号線の両側に並行して藤沢市鵠沼海岸から中郡大磯町東町まで11.4km続く。  
 
      ↓茅ヶ崎漁港へ  
 
 
参考:  藤沢土木事務所ホームページ>湘南海岸砂防林