写真で見る茅ヶ崎。。。今と昔
 
                                    
茅ヶ崎 西久保 − 今と昔  
ところ: 茅ヶ崎市西久保       地 図  
茅ケ崎にも昔は、広い土地がいっぱいあった。ここは、畑のようだ。大きい木が3本見える。その先は、小出川の土手で
ある。正面に富士山があって、その手前に6階建ての建物が見える。散歩やジョギングで通る人に何の建物であるか聞いたが、
知ってる人は誰もいなかった。見極めたくて近くまで歩いて行って確かめたところ、日産車両センターと書いてあった。
自動車の倉庫のようである。これを写したのは、1978年だから、今、2016年から見ると38年も前だ。

これをもとに今の写真をとれば、”今と昔”のセットができると考えていたら、偶然、photoshop勉強会の仲間、内田民男さん
が”今”の写真を撮って、メールで仲間に公開されたという次第です。その”今”の写真は、下方の通りここへ提供していただいた。
つまり、内田さんと田中とのCOLLABORATIONによる組み写真です
1978/2/28
昔↑:1978年(昭和53年)、茅ヶ崎市西久保: 西久保から、真西を見ると、畑に続いて小出川の土手、6階建てと
みられる日産車両センター、その向こうは見えないが相模川(馬入川)が隣接していて、平塚市内に続く。角度によっては、
湘南銀河大橋も見えるはずだ。
 
2016/3/17
今↑:2016年(平成28年)、内田民男さん撮影:  現在の茅ヶ崎市西久保。38年も経過したが、ここから見る限り
では、なにも変わっていない。以前は、川の向こうも概して畑であったが、今は住宅がいっぱいできている。茅ヶ崎の畑は、年々
減ってきているようだ。

この辺りは、毎年、春先は、桜祭りで始まる。河津桜(2、3月)、紫陽花(6月)、コスモス(10月)、それに富士山も見えるので
絶好の撮影ポイントとなっている。広大ではないが、美しい田園風景をなしている。


 
  ← 西久保にあった「旧跡:懐島山の碑」

  
クリックすると大きい文字の説明が
  でてきます


  茅ヶ崎近辺には、源頼朝一族
  エピソードがいっぱい残っている